ブライダルエステが注目されています

結婚式を行う花嫁すべてがブライダルエステを受けるわけではありませんが、ブライダルエステを受ける花嫁は増加しています。ブライダルエステは、ドレスに似合うボディ作りをするためだけに行うわけではありません。シェービングやフェイシャルケアや疲れを癒すため施術を受けるという人も少なくありません。ブライダルエステを利用することによって、忙しい式前のストレスを緩和させ、よりよい状態で式に臨みたいという理由から注目されています。

ブライダルエステと一般的なエステの差

日付と目標が明確なブライダルエステ

ブライダルエステは、結婚式までにドレス姿をより美しくしたいという期間と目標が明確です。ブライダルエステを行うときには、腕や背中、デコルテなどから顔や指などドレスを着たときに露出するパーツをケアしていきます。

人それぞれのパーツのケアや期間を設ける一般的エステ

一般的なエステは施術内容や予算によっていつまで行うという日程が決まりますが、施術を受ける人の中には、ボディメンテナンスとして終了日を決めていないケースもあります。ブライダルエステと異なり、自分が気になるパーツをケアしていきます。

ブライダルエステの目的

ブライダルエステの目的は、結婚式の当日に式の主役となる花嫁のドレス姿をより美しく見せるためのエステのことです。日常の生活ではドレスを着る機会がほとんどの場合ないため、思っている以上に上半身の露出があります。そこでブライダルエステでは、二の腕や背中などのパーツを集中的にケアしたり、普段はなかなかお手入れには加えないシェービングを行ったりします。

ブライダルエステを利用して良かったこと

エステ用品

肌の色がワントーン明るくなるシェービング

自分ではなかなかできないシェービングを行うと、肌の色がワントーン明るくなるというメリットだけでなく、背中や襟足がきれいになりますし、化粧水や美容液の浸透力がアップします。

小顔効果や化粧のノリが違ってくるフェイシャル

自分で普段ケアしているからフェイシャルを避ける人もいますが、小顔効果が出てドレス姿に変化が出ていますし、顔のたるみやむくみが解消したり、気になるニキビ跡もケアしたりすることができ、写真の写りが違ってきます。

普段見ることがない背中のケア

背中の露出は普段なかなかないため自分では見ることは少ないです。そのため、ケアが怠っていることが多いため、いざドレスを着てみると実はケアが必要だったということも少なくありません。

隠すことができない二の腕を細くする

二の腕は普段着であれば隠すことができますが、ドレスを着るときには隠すことはできません。プルプルしている二の腕ではドレスは似合いませんし、二の腕が細いと身体を細く見せる効果が現れます。

ブライダルエステを受けてよかったメリットと気になる費用について

エステティシャン

式までの間に利用しましょう

ブライダルエステの効果は目的と施術期間、回数によって異なります。痩せてドレスを着たい、肌を磨いて美しく着こなしたいなどの目標に合わせた期間が必要になります。ドレスを美しく着こなすためのボディを作りたいという場合には、痩身と食事制限なども必要になってきます。ダイエットも含めて効果を出したいという場合には式が行われる半年前からスタートしましょう。露出の多いドレスを美しく着こなしたいという場合にはボディトリートメントやフェイシャルがおすすめです。式が行われる3~4ヶ月前に行いましょう。エステは必要がないという人でもシェービングはぜひ受けてみてください。自分ではできない背中の産毛を処理できますし、顔のシェービングを受ければワントーン明るい肌色になります。顔のシェービングは行うと化粧のノリに違いがでます。シェービングは式の3~7日前がおすすめです。

施術台

具体的な費用

ブライダルエステの費用は、1万円から20万円以上で人それぞれ差があります。多くの場合1~10万円に分かれますが、それでも差がありますね。この費用の差は受ける施術の違いで、主に3パターンの価格帯に分けることができます。1~5万円はシェービングや二の腕やニキビのケア、5~10万円であればフェイシャルやデコルテなどの気になるパーツのケア、10万円以上となると全身ケアや気になるパーツを集中的にケアしていきます。平均は6万円ほどです。